夏の様子と草

投稿者: | 2017年8月1日

2017.08.01

自分の家の横に、70坪の畑があります。3年ほど前まで、色んなものを植えて参りましたが、砂質で表面が乾きやすく、また乾燥しきると水を吸いにくくなるという土のお陰か、作物がちゃんと育ちません。確かに肥料とか水とかそういう関係もあるでしょうが、土の表面が、強い太陽のお陰で高温となり土の温度が異常にあがることから作物が弱ってしまうのではないか。。そう感じていました。

ということで、草や虫を敵にしないということを、自分の畑でまずやってみたいと感じ、実践しています。その一つの試みが、畑を耕さない。ということです。はたしてそのような事で作物が出来るのかが疑問で、きっと草に栄養を持って行かれる。自分は、こういう先入観がなかなか消えませんが、そうであるならば、肥料をたっぷりと撒いて、草だけ刈っていけばいい。こう感じた自分は、耕して痩せた土地を復活させるべく、自分なりの考えで自然栽培をやっています。

栽培のやりかたは至って簡単ではありますが、草を鎌でからねばなりません。刈った草を作物の根元に敷くだけです。そして、鶏糞や、少しの化学肥料、家庭での生ごみなども撒いておくのです。そうすると、砂地である土地でも、ダンゴムシなどの虫が多く存在していることに気が付きました。

少しづつ、少しづつ土が豊かになっている。そう肌で実感します。

 

 

畑全体、草茫々です。

 

この畑には、ピーマン、トウガラシ、かぼちゃ、ナス、トマト、キュウリ、サツマイモ、ゴーヤ、ゆず、キンカン、ぶどう、オレンジ、スウィーティーが、共生しています。まだまだ、砂地の土地ですので、畑に水分量が足りません。

 

農園の方でも、つくねいも畑はこのように草茫々となってしまいました。

草刈りを2回やったにもかかわらず、草茫々です。

家庭菜園では、自然栽培はいいかも知れませんが、商売で自然栽培は、向かないと感じます。しかしこの草茫々の姿を見て、いいことを思いつきました。しかし、自分にはこの草たちが肥料に見えてきます。この草たちが土を肥やしてくれる。そう感じます。そして、この草をどう使うかのか、これがYamazaru農園の課題です。

 

臼井健二さんのYoutubeです。自分達も、実践し体感したいと思っております。

 

どうぞ、Yamazaru農園をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です