Yamazaru農園プロフィール

★★★ Yamazaru農園 プロフィール ★★★

 住所 〒314-0252 茨城県神栖市柳川2039
電話番号 0479-46-0449
 FAX番号 0479-46-4144
 メールアドレス i-iwamoto.kashima@bridge.ocn.ne.jp
 会社設立 2012.12月
 主要取引先  東京シティ青果 株式会社 株式会社 丸や 株式会社 茨城さえき  株式会社 agri new winds  発酵の里こうざき

★★★  Yamazaru君プロフィール ★★★

誕生日 : 1973年8月28日生まれ
出生地 : 山口県周南市長穂
趣味  : 音楽鑑賞、農作業
特技  : 合気道二段 剣道初段 柔道初段 杖道初段
好きな作曲家 : ブルックナー マーラー ベートーヴェン ペッテション シベリウス
宝物  : カイザーサウンド製作の電源タップ ナイアガラ
好きな映画 : モダンタイムス 用心棒  戦場のピアニスト のぼうの城
好きな食べ物 : やまの芋のごはん 玄米 寿司 カレー(激辛はダメです)
好きな言葉 : 対すれば相和す(合気道名人 塩田剛三)

 

★★★  Yamazaruの想い:新規就農への道 ★★★

㈱Yamazaru農園は、2012年12月に新規就農を願い農業生産法人として認可頂きました。

私共は、建設業に携わっておりますが、心を豊かにする仕事、生命の豊かさを感じる仕事に憧れを抱き、思いついたのが農業でした。茨城県神栖市は、ピーマンの産地としてかなり有名です。また、そのピーマン生産者は、代々大きなビニールハウスを所有され、大規模で農業をされています。

新規就農にあたり、ピーマンを生産するには、かなりの資本が必要ですし、整備された農地も私共には無く、また、トラクター等の必要な機械も全く所有していませんでした。また、農業においても全くのド素人で簡単に考えすぎていました。

私共建設業界での取引先の社長が、遊んでいる放棄地があるが、それでよかったら使ってみる?との言葉を頂き、葛の蔓延った土地を借りることが出来ました。そして、荒れた土地の草刈りから始まったのですが、葛というのは厄介な植物で、土中に大人の腕程もあるような根がびっしりと生えます。そして、その根から毎年葛が出てきてジャングル化するのです。

私共は、その土地を整備しないことには、一歩も前には進むことが出来ません。しかも、所有物と言えば、草刈り機、鍬、スコップ、鎌です。人力で整備致しましたが、あまりの葛の多さにリタイヤし、ショベルカーで整備致しました。

この約1,000㎡の耕作放棄の土地が、Yamazaru農園の最初のスタートです。無論当分の間は、収入は見込むことは出来ません。
下の写真をご覧下さい。

これが、耕作放棄地です。このような風景は、どこにでも見ることが出来ますが、このような土地をいざ農地へと変えていくには、莫大な労力が必要です。他の農家の方々も、代々こうならないように整備されているはずです。
そのような農家さんの日々の力があってこそ、私達はスーパーなどで農産物を買い、食べていくことが出来ます。このような当たり前のことに、なぜか、感謝の気持ちが湧いてきます。

彼らは、建設業の方の職人です。合間を見て整備して頂きました。葛を刈っても、地面に無数のかずらがケーブルのように走っていて、簡単に抜くことはできません。

一先ずは、草刈りと、表面の葛かずらの撤去から始め、その後重機にて土の中の蔓の根を撤去しました。

これが、Yamazaru農園のスタートです。そして、農業経験も殆どない私共が、一から自然を学び、作物を育てるこことなったのです。

地域の皆様には、土地を綺麗にしてもらってありがとうの言葉を沢山頂きました。
さて、この茨城県神栖の土地で私共は、どう進んで行くのでしょうか?もう後には戻れません。

しかし、今は自然と共生してみようという新たな気持ちでいっぱいです。

 

★★★  アルギット栽培法との出会い ★★★

Yamazaru農園は、アルギット栽培法の認可を平成26年8月に頂きました。

Yamazaru君(私)は、山口県周南市長穂という稲作に恵まれた土地に生まれ、幼少時より、周囲の農家の方がアルギット栽培を行っていることは、なんとなく知っていました。そして、その農産物は甘味だけでなく、その濃厚な風味をもっていることを感じていました。

世の中には、たくさんの農法があり、様々なアイデアのもと素晴らしい農法があると思います。
また、それぞれの良さがあるところでしょうが、幼少時に感じた心に残る美味しさはやはり、アルギット栽培法のものでした。

先日、自宅の庭の小さいミカンの木に、アルギット資材を入れてみました。すると、実が結構ついて食べることのできる大きさのものが、結構なりました。私は酸っぱいものがあまり好きではないのですが、折角自宅でなったのですから、酸っぱいのを覚悟で恐る恐る食べてみました。するとそこには、あの懐かしい故郷で感じたミカンの味がそこにあったのです。

感動した私は、息子に一つ食べてもらいました。息子も普段柑橘類は食べないのですが、一個食べると、何個も何個もとって食べてしまいました。そして、最後の一個を社員に食べてもらおうと、渡したところ、社員も柑橘類は、好きでないらしく、帰って娘さんにあげたそうです。

何気なくミカンを食べた娘さんは、「 お父さん、このミカンどこで買ったの?美味しいから買ってくる」と言ったそうです。社員は、私から貰ったことを告げたそうですが、社員は自分が食べなかったことに残念がっていました。

やはり、アルギット栽培は美味しいのだと確信した私は、これからは、基本的にアルギット栽培を行いたいと思っております。

 

★★★  アルギットとは? ★★★

アルギットとは、海藻です。ただし、日本の近海のものでなく、ノルウェー海岸の岩礁に自生する褐藻アスコフィラム・ノドサムの乾燥粉末製品のことです。ノルウェーの冬期間は、零下何十℃にも気温が低下し、1年を通じても平均気温は、3~6℃ほどです。この年中冷たい海水の中に育つアスコフィラム・ノドサムの生命力は、すこぶる旺盛であり、この強い生命力に着目したのが、アルギット栽培法なのです。

アルギットの主成分(ノルウェー産業研究所の分析による)

アルギットの主成分(ノルウェー産業研究所の分析による)
構成成分(%)
 タンパク質  5~8  炭水化物  55~61
 繊維質  4~5  水分   8~16
 灰分  18~30
 脂肪質  2~5
炭水化物(%)
 マンニット  7~9  メチール・ペントサンス  7
 アルギン酸  24~29  ラミナリン  3~6
 不確定糖分  14.4
 ミネラル・元素  (mg/kg)
 ヨード  520~580  カルシウム  12,000~16,000
 マンガン  35~40  カリウム  17,000~22,000
 ナトリウム  15,000~18,000  鉄分  200~220
 マグネシウム  2,300~2,700  モリブデン  0.09~0.12
 硫黄  4,500~5,000  コバルト 3.0~3.5
 ブローム  0.8~1.1  銅  0.4~0.6
 銀  0.4~0.6  アルミニウム  350~450
 リン  990~1015  ニッケル  8~11
 バナジウム  0.9~1.2  チッソ  11,000~13,500
 ゲルマニウム  0.4~0.5  亜鉛  40~45
 クローム  0.9~1.2  シリコン  1,642
 塩素  14,760
 ビタミン  (mg/kg)
 プロビタミン  40~65  ビタミンE  150~300
 ビタミンB1  6~8  ビタミンK  10
 ビタミンB2  5~6  パントテン酸  2~4
 ビタミンB12  0.003~0.004  ナイアシン  60~80
 ビタミンC  200~400  葉酸  0.2~0.3
 ビタミンD  3~5  コリン  275
 アミノ酸  (mg/kg粉末)
 アルギニン  4.8  グルタミン酸ソーダ  6.0
 メチオニン  0.04  イソロイシン  1.2
 シスチン  確認  オルニジン  確認
 シトリウリン  確認  フェニールアラニン  1.4
 ヒスチジン  0.8  アスパラギン酸  5.6
 リジン  2.9  バリン  2.2
 アルガナイン  3.2  グリシン  3.0
 フロリン  1.6  チロシン  0.5
 スレオニン  1.2  ロイシン  2.7
 トリプトファン  確認  セリン  1.8

 

★★★  アルギット栽培の概念とは? ★★★

1. RB処理
2.アルカリ処理
3.ゼオライトを利用した土作り
4.高タンパク栄養化に向けた積極的なチッソ施用

上記4項目が、アルギット栽培技術においての基本と言われております。
全ての生命は、酸性で生まれ、アルカリで死んでいくという作物のダイナミックな生理を踏まえ、それを強化していくRB処理とアルカリ処理に加え、シンキョーライトというゼオライト(主成分:オルトケイ酸)にての土壌改良、微生物の活性化を狙いとし、積極的にチッソを施用する農法であります。

Yamazaru農園では、生命の示す姿を日々学びながら、生命の喜び溢れる元気な作物を育てて参りたいと思います。
そして、その作物を消費者の皆様にご提供させて頂くことが出来れば、嬉しい限りでございます。

どうか、これから暖かい目で見て頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。